FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上葉その後 

091004_MizukusaAll.jpg

こんにちは
久しぶりの更新にも関わらず、コメント戴き、ありがとうございます。

前回の記事でご紹介した水上葉。
結局東京に置いてきぼり。妻の仕事を増やしたという噂です。
様子を聞いてみたところ、

「伸びてる・・・」と一言。

居ても立ってもいられず、写真を送ってもらいました。
今回の記事は、全て妻の撮った写真という・・・
ブログも妻が引き継いだ方が良いのでは?という声が聞こえてきそうですが、
どうかご容赦を。

今回は、水草水上葉特集ということで・・・
読むの大変かも・・・?

091004_Mayakasp.jpg

まずは、マヤカSP
植えた時は、瓶の口スレスレ。
だいぶ伸びました。瓶の口から6~7センチ伸びたら、
切って、別の瓶に差して増やします。
当初アブラムシがちょこちょこ見受けられたので、
園芸用の<オルトラン>で対処。
今のところ、発生が抑えられているようです。

水草って、今まで、水中に没してるのしか知りませんでした。
また、水中がベストの環境なのかと思っていました。
ご存知の方も多いと思いますが、

雨期→水中に没して水中葉として。
乾期→水中から顔を出して水上葉として。

が自然界での水草の実態。
なるほど~。姿を変えて、水辺で成長してるんですよね。
凄い生命力ですよね~。

マヤカって、水中では細い針のような葉が特徴ですが、
水上では、ふっくら丸っこい葉です。
めちゃくちゃかわいいです。

091004_R_I.jpg

ロタラ・インジカ

一番簡単なのは、水中葉でも一緒。
瓶の口どころか、既に植えた時よりも長く伸び上がっています。
瓶が大きいという事もあるかもしれません。

実は、<瓶に植える>というのがポイントなんです。
つい、最初から、口の開いた素敵な器に植栽したくなりますが、
土があっという間に乾いて、終わってしまいます。

ポイントは、たっぷり日の光を当ててあげる必要がある割に、
絶対に水を切らしてはいけないという事です。
写真のように、瓶の口いっぱいに植栽すれば、
暖かいシーズンは、瓶の中の水の蒸発も抑えられます。

091004_N_R.jpg

ニードルリーフ・ルドウィジア

これは、めちゃめちゃ小さくて、成長も一気には来てません。
でも、黄色いちっちゃな花を咲かせてくれています。

土にも、秘密があります。
一番下には、水で練った園芸用腐葉土。
その上に、腐葉土と赤玉を水で混ぜたもの。
さらにその上に、<細かい砂>を1センチくらい敷いています。
細かい砂は、<サンディーゴールド>で決まりです。
この砂のおかげで、植栽も楽になり、根の張り、水質などにも影響無し。

あ、一番下の用土には、養分として、<園芸用油かす>を瓶のサイズに合わせて1~3コ埋め込んであります。

植え始めは、瓶の口から出るか出ないかくらいに、瓶の口までいっぱいに、上から土が見えなくなるように植栽しています。

マヤカ、ロタラは約50~60本。4~5センチの長さに切ったものを植栽。
ニードルリーフは、瓶が小さいので20本くらいだったでしょうか。

最後にここが大事。
水を土にひたひたまで注ぎます。
絶対に水を切らしてはなりません。

091004_Mizukusa.jpg

これは、水草屋さんに「これも試してごらん。」と渡された水草たち。
この手は、茎も長いので、長めの器にハイドロボールで育てています。
思いつきで、メネデールを規定量。
白くちっちゃい花を咲かせています。
和む~

全ての水上葉には、
毎日、霧吹きで、シュッシュッシュッシュしてもらっています。
毎日の仕事が増えてしまったと妻の嘆きが・・・
でも、成長してくると、なんとも愛着が湧くんですよね。

091004_ALL.jpg

こうして、日のあたる場所で、成長してくれています。

091004_60P.jpg

ナナよ。お前は、どうなのだ。

いかがでしたでしょうか。
水草は、水上では、<花が咲く><かわいい><水中より手間入らず>
というメリットがありそうです。
また、アクアになかなか感心を示して頂けない奥方へのプレゼンの1つに・・・
というのはいかがでしょうかw

侘び草の成長は、次回また。
スポンサーサイト

コメント

なるほどね~
画像を見ると父が思っていたより土が多いんですね
しかも、ビンの口が狭いのにも意味があったなんて・・・
これはウチでもやるしかないな
ためになる記事、ありがとうございました
この記事は保存しておこうかと(^^)b
あ、奥さんにもヨロシクです(笑

>TNの父さん

少しでも参考になれば嬉しいです。

水上葉の水草でやってますから、楽ちんです。
水中葉を水上葉にするのは、どうやればいいんですかね。少しづつ水を減らしていくのかな?

いわゆる観葉植物よりも、多少手間がかかるかもですが、楽しいと思います。

寒い時期は、瓶を梱包材などで巻いて、冷えないようにしたほうがいいそうです。

水上育成
いつも「やろうやろう」っと思っていて
全然やってない |l|i|ll_| ̄|○|l|i|l
水上育成すると綺麗なんですよねぇ~
そっか!ジャイアントサジタリア
アイツを水上化すればよかったのか
掃除した後、また戻してしまった・・・
しかも極小になって

>おととさん

ジャイアントサジタリア!
いいかもしれませんね。

水中葉を水上葉にするのは、大変なのかもしれませんが、サジタリアの水上葉はいい感じになりそうですね。

試してみましょうよ!

水中から水上は、次の私のテーマです。

これはこれでけっこうおしゃれで興味のない方にもいい印象を与えられそうですね。けどうちの奥さんはきっと興味持たないだろうな~(笑)
水上化できそうな水草はいくらでも水槽から拝借できますし、これは私も試してみるべし。いざ百均へ!ベストなビン、ゲットだ!(笑)

>furax2さん

ダメですかね~w
成功したらしたで、
「水上葉でいいじゃん」とか言われてしまったり・・・w

瓶は、百均に限ります。
これらの瓶も、○イソーのシールが貼ってあったりしました。焦って剥がしましたが・・・

ビンである理由に なるほど~! でした!

綺麗に成長してますね!
日頃の管理の賜物 でしょうか!?

私も早く着手したい(笑)
でも予算の都合もありますし(苦笑)

>和らさん

コメントありがとうございます。
始めたばかりですので、これから何が起こるか…

寒さが増すにつれて、土が冷えないように、
また、どのタイミングで植え替えをするか…
始めた時期が悪かったかもしれません。

家の中でどこまで育つか…

またレポします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zerohouse.blog59.fc2.com/tb.php/224-9238a449

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。