スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆喰塗り下地作り 

070616_koketomizu_400.jpg

土曜日。漆喰塗りを始めました。
天気がいいので、公園でお弁当を食べたり、買い物やらなにやらやっていたら、夕方に・・・
焦って作業開始。

この日のメニューは、下地作りです。
カビが気になり、イキオイでクロスを剥がしてしまったので、下地ガタガタ、ボロボロです。

レポートは、思いつきの自己流ですので、間違っている点、お気づきの方、教えてください!
----------------------------------------------------
<準備>
(1)グラスフェイバーテープ
(2)パテ
(3)スクレーパー
----------------------------------------------------
<下地作り>
(1)浮いているクロス下の残骸をスクレーパーで剥がす。
(2)プラスター(石膏)ボードの隙間などを埋める
(3)漆喰を塗る面のガタツキをパテで修正
(4)サンディングでパテの段差を簡単に調整。
----------------------------------------------------

070616_kabe_500_01.jpg 070616_kabe_400_02.jpg

左の写真は、カビが発生していたコンクリートの隙間とプラスターボード間の隙間。
プラスターボードの隙間は、本来クロス貼りする前に埋められているはずなのですが、新築時、そういう下地処理は、省かれていたようです。

右の写真が購入したグラスファイバーテープ。
網のようなテープで、これは、以前、店舗工事で貼っているのを見たことがありました。

070616_kabe_500_03.jpg 070616_kabe_500_03.jpg


隙間をまたぐようにグラスファイバーテープを貼ったところ。
この上から、しごくようにパテを塗ります。

070616_kabe_400_07.jpg

パテは、いろいろありますが、市販のものを使いました。
多少値がはりますが、乾燥が早いものが時間の無い中では良いかなと思いましたので、これを選びました。

070616_kabe_500_04.jpg 070616_kabe_500_05.jpg

パテをグラスファイバーテープの編み目にヘラでしごくように塗る。

070616_kabe_400_06.jpg

他にも、段差があるところを、どんどんパテでならしました。

と、他の部屋の作業を進めていたために、ここで日没。土曜日の作業は中断・・・(^_^;)
結局、本題の漆喰塗りに入れずでした。
サンディングから先は、次週に持ち越しです。

スポンサーサイト

コメント

壁の結露

いやぁ やってますねぇ!

緑の水草や、写真が鮮やかで、美しい!びっくりしました

中古住宅を買って、リフォームしている者です

ブログは初心者なので、失礼が有ったらごめんなさい。

ZEROLIFEさんの下地つくりでいいとおもいます

チョット気になったのが「結露」と「カビ」で加えて「引っかかること」があったのでコメントしました。

ZEROLIFEさんの指摘通り、カビの原因は、雨漏れでなければ、結露と私も思います。

「引っかかること」とは、「アトリウム」のことで、こちらは大きな欠かせない「テーマ」のようですね

アトリウムを常設した場合、水蒸気が常に蒸発しつづけるとおもいます。

水蒸気は、建物の空間に同じように拡散し、室温が同じなら、どの部屋も同じ水蒸気で満たされます。

ZEROLIFEさんのお住まいの地域が、冬とても寒い地域だった場合、建物のコンクリートが冷やされ、コンクリートに触れた屋内の水蒸気は結露し続けるかも?と考えてしまったからです。

改良方法としては、コンクリートの部屋側に断熱材(発砲系)を密着させる方法はどうでしょうか?

でも、結構な作業になってしまいます

換気扇でも、屋内の水蒸気を排気する役目を果たしますが、水蒸気は「アトリウム」から常に屋内に補充され続けることになるとおもいます

あまり使わない部屋なら、とりあえず、やってみて、ひと冬、様子をみるのもてですね。

ご訪問、コメントありがとうございます!

>直さなくっちゃ様
始めまして~。今後とも宜しくお願いします!
レスポンスが悪くて大変失礼いたしました。
忙しすぎて、ブログの更新も滞っております・・・

当ブログは、コメント大歓迎ですので、遠慮なさらずどうぞ~。

ご意見有り難うございます!(^-^)
おっしゃる通り、アクアリウム(水槽)からの水蒸気は気になりますね~。

夏場も、水温の上昇を抑えるために、水面に向けてファンが回っているのですが、そのため、家に帰ると、60センチ水槽の水が1センチ以上は減って(蒸発)います。

アクアリウムを設置しているリビングとつながったホビールームの壁、天井は、コンクリにクロス貼り。
なので、コメントを拝見して、冷や冷やしています。(^_^;)
冬場は、クロス自体が汗をかくかもしれないですね。(どうしよ・・・)

断熱工事も難儀しそう・・・

ん~

漆喰塗りの部屋(ロフト)は、上階(メゾネット)にあり、水槽のある下階のホビールームとは一応離れてはいます。

おっしゃるように、まずは結露に注意して観察してみようと思います。換気ぐらいしかできませんが・・・

直さなくっちゃさんのブログも拝見致しましたよ。冷静で、見識の深さが滲みでています。
参考にさせていただきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zerohouse.blog59.fc2.com/tb.php/144-dffdbdf4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。