スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<祝>所有権移転 

本日は、マンション購入代金決済と、所有権の移転手続きをしに、銀行へ行ってきました。

決済が終わって、通帳を見ると、一度私の口座に大金が入金され、同時に、売り主さんの口座に消えてゆく痕跡が残されていました・・・。
借りたお金とはいえ、目に触れることの無いお金の軌跡。笑

そして司法書士さんを通して、所有権の移転。
なんやかんやで、結構な現金を司法書士さんに渡して・・・

<祝>所有権移転!

実際には、法務局の捺印がされた、権利書らしきものが後日送られてきます。
<権利書らしき>というのは、昔は、書面で所有者に渡されていたのですが、近年は、番号入りのカードのようなもので、番号にはシールが貼ってあるとか。
その番号が法務局に登録されている情報の番号となるそうです。
そして、その目隠しシートをはがすと、盗難されたモノと見なされるそうです。
権利書が入った封筒も封がされているそうで、それ自体開かないほうが良いと。
つまり、これも目に触れることが無いままになるわけです。
オートメーション化が進み、間違いも減ったのでしょうが、もし、間違っていたら、どうするのでしょうかね。考えたくもないですが。

とにかく、とうとう、巨額の借金をして、マンションの所有権を手に入れたのでした。

スポンサーサイト

いよいよ代金決済、所有権移転! 

しばらく更新できないでいましたが、
マンションの方は、いよいよ決済と所有権移転手続きの段取りが整いました。
仕事の合間を縫って、役所に行ったり、、、
火災保険は、身内に保険屋さんがいましたので、お願いすることにしました。

銀行で紹介された保険プランは、購入代金に対して、保障額がかなり少ないもの
だったので、しっかり購入代金分は保険をかけることにしました。

◎銀行ローン申込
◎住民票の移転、印鑑登録
◎火災保険、家財保険加入

銀行で決済手続きを、売り主さん、司法書士さん、銀行、私(+仲介業者)さんと
銀行で執り行うというもの。
実行されれば、口座に一瞬大金が振り込まれ、見る間もなく、売り主さんの
口座に代金が振り込まれます。

いよいよだ。

マンションローン申し込み 

マンションのローン申し込みに、銀行へ行ってきました。
住宅ローンと抱き合わせの保険なども進められながら、たっぷり2時間近くかかりました。

マンション代金と、リフォーム費用も併せてローンするため、書類の数もかなり多く、
申込書、確認了承書類、捨て印など含めて、実印を30カ所近く押しました。
(数えてまして…)

これで、今月中旬には売り主さんと銀行で決済手続き。
いよいよ私に所有権が移転しします。

売り主さんの引っ越し日程も決まり、いろいろな事が、動き出します。

マンションは、大規模修繕(外壁塗装)の日程が前倒しされ、今月中に始まるそうで、
我々がリフォームを完了させる頃、外壁も塗り変わるという素晴らしいタイミング。
修繕工事と、リフォーム工事が重なるため、ちょっと心配もありますが。

いろいろ楽しみです。

祝!本審査通過!! 

や、やりました!!

住宅ローン本審査通過の知らせが入りました!!!

まな板の上で転がされて、蛇にじわじわと締められて1週間。

デベロッパーを通しての本審査でした。
担当の営業マンになだめられつつ、この日を待ちわびておりました。

しかし、随分長い間、迷ったり、道草をくったりしましたが、
そのおかげか、振り返れば、この購入、今の所いい事尽くめな気がします。

1)とにかく広い…の割に安い。(100平米越え/2000万台)
2)リノベーションしがいのある間取り(最上階+メゾネット+ルーフバルコニー)
3)マンションの築年数(25年)は広さと立地の関係で、すごく納得。
4)駅まで5分、都内30分圏内。
5)管理状態が非常に良い。管理運営状態も公平で先を見通し、しっかり開示されている。
6)大手マンションデベロッパーの販売物件(住宅ローン、資金調達面も安心できる)
7)大手ゼネコン建築物件
8)環境も良く、住みやすい。ほとんどの住人が長く住んでいる


初めは、自分流を通そうとすれば、必ずどこか欠けると思って諦めていたのですが、
意外と、良く言われるポイントを無意識にクリアした感じがします。
わがまま言えば、駐車場権利がない事くらい。
中古物件で、駐車場権利付きは、なかなか見つからないですよね。

あ~、とうとう購入が本決まりして、このブログのタイトルも変更か!?
購入までの道のりをほとんど書けませんでしたが、これからは、購入からリノベーションに力を入れて書いてゆきたいと思います。

アクアリウムを楽しむ人にとって、マンションという環境は、決してパラダイスではありません。
水を使うので、地震や事故で、階下の方に迷惑をかけるかもしれませんから、床の防水の配慮ができれば嬉しいし、、水槽の重量にあわせて、床の補強も必要。保険ももちろんですが。このあたり、リノベーションとともに、配慮したいと思います。

追々、紹介してゆきたいと思います。

発見!→興奮!→契約!→まな板の上の鯉 

な~んにも知識の無い状態で探し始めた住まい。
今まで、かなりの数の物件を見てきました。

私たち夫婦の住まい探しのポイントは、

「とにかく、広い」こと

挙げれば、きりがないほど、あれこれこだわる性格なので、
他にもたくさんの条件があるのですが、一番に挙げるとすれば、この<広さ>

「古くても、自分たちのスタイルに合わせて、リノベーションがしたい!」

長い時間をかけて、沢山の物件を見て、そのたびに、何かしらの発見をして
知識を積み重ねた結果、おぼろげだったこんな希望が大きくふくらんでいました。

一生に何度できるかわからない住まい探し。
見なければ、妥協点すら見えてこないんですよね。

ある日、以前内見をして、ずっと印象に残っていたマンションに、<売り>が出たんです!
物件探しに疲れも見えていた頃だったのですが、
一挙に溜めてきていた想いや条件が、そのマンションと結実する感覚を覚えました。

早速内見をしましたが、以前よりも好条件。気持ちは盛り上がりっぱなし・・・
もう、その日に、資金調達相談、仮審査を依頼・・・数日後に見事審査通過・・・

順調過ぎて、ドキドキが止まらない・・・

次の週には、契約を済まして、手付金の支払いをし・・・

ただ今、本審査の結果待ちで、「まな板の上の鯉」といった状態・・・
不動産屋になだめられつつ、心臓がドキドキバクバクの毎日でございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。