スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EIZO FORIS.TV 

FORIS.jpg

リフォームにあわせてテレビをどうするか。
2011年には、アナログ放送が終了し、地上デジタルに切り替わる。
今は、SONYのブラウン管テレビを使っていますが、部屋の中での存在感が大きいテレビも、ちょっとこだわってみたい。

「画面サイズ1インチ?10000円を切った!」と言われて久しい今、50インチサイズのテレビに主流が移りつつあるそうです。

私は、スポーツ観戦するわけでもなく、やみくもな大画面には興味はありません。
映画は大きな画面で観たいとも思いますが、それなら、私はプロジェクターを選択します。
また、大画面を観るには、テレビとの距離の確保なども重要でしょう。

デーンと大きく構えた黒い画面が壁にある姿も好きではないし、何より、量販デザインの性が見えてしまう事が、みていて、やっぱりがっかりさせられます。

ライフスタイルを考えてこだわりのテレビを選ぶ。
そんなこんなで、高画質モニターで世界的に知名度が高いEIZOのFORIS.TVが浮上しました。
EIZO Galleriaで一目惚れ…

FORIS_BROWN.jpg

考えているのは、32型のSC32XD2
・地上デジタルチューナー搭載
・DVDプレーヤー内蔵でDVDやCDも楽しめる
・携帯オーディオ入力、HDMI端子など豊富な入力端子を搭載
・「ナチュラルコンフォート」を提供する新世代映像プロセッサー搭載
・ハイクオリティな音を提供するフルレンジスピーカー
・左右各30度リモコンで回転する「リモートターン機能」搭載

調べれば調べる程、愛着が持てそうな高性能テレビ。

早速資料を取り寄せまして、検討中です。
EIZOは企業ポリシーも気持ちがいい。家電としては異例の3年保証、アフターサービスにあたっては、修理中、代替え機を出すなど、自信がなければできないサービスを展開しています。

リフォームに合わせて、これ、決定です。
スポンサーサイト

家電 

リフォームにあわせて、気が早いのですが、カデンにも目移りしています。

プロダクトデザインは、その形や機能が完結して、使う空間、使う人のメンタリティーまで変えてしまう力があります。
買う人、ユーザーは、頭の中で行ったり来たり、楽しみながらものを選ぶ。
素敵なことです。

±0(プラスマイナスゼロ)空気清浄機
デザイン:深沢直人

img37114274.jpg

img37113472.jpg img37113480.jpg


img37114005.jpg img37114010.jpg


■仕様
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力(W):急速:50/58、標準:26/26、静音:18/17
風量(m3/min):急速:3.2/3.2、標準:1.5/1.5、静音:0.7/0.6
騒音(dB):急速:48/48、標準:31/31、静音:20/19
適用床面積:15畳[JEM規格(日本電機工業会規格)による]
外形寸法:幅431×奥行132×高さ404mm
質量:約4.8kg
電源コード:1.8m
付属品:フィルター(アレルブロック除菌HEPAフィルター)1個

綺麗ですよね。
最近本当に深沢直人さんのデザインにあちこちで出会います。

東京デザインイベント 

DSC02517.jpg DSC02516.jpg


TOKYO DESIGNER'S WEEK/100%DESIGN TOKYODesign Tide in TOKYO 2006が時を同じくして始まりました。

早速100%デザインの視察に行ってきました。
日本のデザイナーの位置がわかる!というわけではないと思いますが、個人的には、こういうお祭りはあって欲しいし、素直に楽しい。
デザイナーとしても、なんとかビジネスにつなげたいという思い反面、上手く行かないのも現実なのかもしれません。

しかし、有名デザイナーも続々と来日してきている事を考えると、日本のデザインマーケットが、日本に注目している事は否めないし、実際に海外で力を発揮する若い日本人デザイナーも毎回現れるようになった気がしますね。

うう、商品開発をする身としては、いつもこのままインハウスでいいのか?なんて事を考えたりもする季節です。

私は、今年のミラノサローネで注目を集めたデザインユニットGIBAの3人が気になって仕方ありません。
100%デザインで、清水慶太さんの<IGUSA>に座ってきました。とにかく、シルエットが綺麗で惚れちゃいました。

明日、明後日と、足を運んで、しっかり視察してきます!
明日は、Design Tideのほうも覗いてみようと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。